Memory Door、インドネシアに続き日本にも上陸

Memory Door、インドネシアに続き日本にも上陸

01.18.2017

シェアする

部屋をつなぐ。部屋を見守る。Memory Door

インドネシア市場向けに2014年より発売していた『MEMORY DOOR』を2017年3月より全国で販売開始致します。
特殊センサーのついたドア『Memory Door』は、 気温、湿度、照度だけではなく、ドアの開閉をお知らせします。
専用アプリケーションを使うことで、室内環境を把握できるのはもちろん、 外出しても部屋の様子を確認できるので、小さい子どものお留守番や、 ひとり暮らしの父や母の生活を、見守ることができます。

センサードアとは?

4つのセンサーが取り付けられたドアです。
温度センサー・照度センサー・湿度センサー・開閉センサーがあり、 その信号をクラウドに転送することで、室内の温度や湿度、明るさ、 開閉の回数までをグラフでモニタリングできます。


ルームアラート機能も

湿度と温度の関係から、熱中症のリスクや、 インフルエンザのリスクが高まるタイミングをお知らせ。
室内環境を見直すきっかけをつくります。


KAMARQアプリイメージ

操作はアプリケーションで

スマホに専用アプリケーションをダウンロードすれば、 外からでも部屋の様子を見ることができます。 離れて暮らす両親を見守ることも、 ペットを見守ることもできます。


KAMARQアプリイメージ

選べるカラーバリエーション

無垢素材を使用した、全5色のカラーバリエーション。 インテリアやライフスタイルに合わせて、お選びいただけます。




本件に関するお問い合わせ先 はこちら

シェアする

最新記事